消費者金融で気になるのが、いくらまで借りることができるかでしょう。人によって、消費者金融で借りたい金額は異なります。返済できる金額というのが基準ではありますが、車を買いたい、結婚式の費用にしたいという場合は数百万単位での借り入れとなる場合もあるでしょう。消費者金融ではいったいくらくらいまでの融資に対応しているのでしょうか。

借り入れ上限額は消費者金融によって違う

消費者金融によって、どれだけの金額の融資が可能かは変わってきます。大手のキャッシング会社ではだいたい上限500万円から800万円というところが多いでしょう。

しかし、この上限金額は最初から借りることができるという訳ではありません。借り入れ金額が多くなれば多くなるほど審査は厳しくなります。そのため、最初から何百万という希望金額を提示しても審査に落ちてしまったり、この金額には対応できないけれどもこのくらいなら、という提案をされる可能性があるのです。

消費者金融のほとんどは、初回は少ない金額から、利用日数が増えて双方の信頼関係ができたら少しずつ上限がアップするという形をとっています。

そのため、ある程度の期間消費者金融を利用して問題なく返済をしていると、消費者金融側から借り入れ上限金額が上がったことを説明されることもあるでしょう。いきなり上限金額ではなく、少しずつ上限を上げることなら可能なのです。

限度額と総量規制

消費者金融の借り入れ限度額と一緒に考えたいのが総量規制です。総量規制とは消費者金融などからお金を借りるときの法律で、年収の三分の一以下の金額しか借りることができないものです。そのため年収300万円の人は100万円、年収600万円の人は200万円までしか借りることができません。 仮に上限800万円まで借りることができる消費者金融でも、年収2400万円以上の人しか限度額ギリギリまで借りることができないのです。

また、総量規制は消費者金融一社ではなく、トータルでの計算となります。そのため年収300万円の人はA社、B社、C社からそれぞれ100万円ずつ借りることができるのではなく、全てのトータルで計算されます。 一社からすでに50万円の借り入れをしている場合は、他社からは50万円しか借りることができません。 消費者金融ごとに限度額は設定されているものの、個人個人でも借り入れできる限度額はあり、限度額を超えての借り入れをすることは出来ないのです。